カテゴリー: 未分類

「カントン包茎」とは亀頭が包皮で締め付けられて露出しづらい状態の事で狭くなった包皮による締め付けで痛みを伴い、勃起するとさらに痛みが増す事から性交渉時には激しい痛みを伴ってしまいます。

次に亀頭の先端部分の先端部分の包皮が著しく狭くなってしまっている事から亀頭の露出をする事がまったくもって不可能な状態を亀頭の一部を包皮から露出する事は出来ても普段は包皮から亀頭が露出していないという「仮性包茎」に対して「真性包茎」といいます。

通常のカントン包茎や仮性包茎などの包茎とは異なり勃起時や性交渉時だけではなく排尿にも支障をきたす上に、ずっと亀頭が包皮に覆われている事から不衛生により性器ヘルペスや非淋菌性クラミジア、軟性下疳やヒトパピローマ、カンジダ症などの感染症にかかる可能性はより高いという特徴があります。最悪の場合ですと性感染症の感染だけではなく包皮炎症によって亀頭と包皮が癒着してしまうので早急な手術が必要です。

その手術を受ける際にはやはり「オーダーメイドによる包茎手術」という形になります。今日では電話で予約や症状を話すのははばかられるという方向けの対応としてメールで24時間対応の問い合わせを受け付けている病院も少なくありません。

日本人の中で最も多く見受けられる包茎の症状が「仮性包茎」です。一応は皮(包皮)がむけて亀頭が露出するので、一見しただけでは日常生活には支障が無いように感じますが、亀頭が普段は包皮で覆われてしまっているが故に亀頭が乾燥せずにジメジメの湿気を持ったままで不衛生な状態にあり、尖圭コンジロームやフォアダイス(フォアダイスは一般的には他人には感染しないと言われています)などの性感染症に感染しやすい(性病感染)という意味では他の包茎(カントン包茎・仮性包茎)と同じリスクがあると言えます。

また、不衛生で感染症に弱く炎症を起こしやすいと共に刺激に過度に敏感である為に、性交渉をおこなうにあたっては早漏の傾向が見受けられます。さらに陰毛を包皮で巻き込んでしまう事もありますが、これは包皮の皮自体が長い事で生じる仮性包茎の問題です。

先ほども触れた通りに包茎の大半はこの仮性包茎であるものの、病院に行くのが恥ずかしいという理由や自分自身が仮性包茎であることに気が付かずに病院にかからないというケースも非常に多いです。上記にあげた症状に心当たりのある場合は性感染症に感染するなどの問題が起きる前にオーダーメイドでの仮性包茎の手術をした方がよいです。

骨折にも複雑骨折や疲労骨折などの症状があり、風邪にも頭痛や鼻水、咳、喉の痛みとさまざまな症状があるように包茎にも少なくとも大きく分けて3種類の症状があります。その上に男性器は形や大きさなどに個人差が大きな差異がある為に、多くの男性施術専門院や形成院ではオーダーメイドによる包茎手術を実施しています。実際には矯正器具などで手術をせずに治療するという方法もあり販売もされているですが、その場合ですとその装着や使用、管理を自分で行う為に、不衛生であったり器具が合わずに患部が炎症を起こしてしまったりという事があります。

そういった事を防ぐ為にも病院に相談してそれぞれの症状に合ったオーダーメイドの治療や手術が必要となります。オーダーメイドでの包茎手術は症状によっても異なりますが70,000円〜200,000円で受けられます(詳しい治療費は病院によって異なりますので必ずお問い合わせ下さい)。包茎は亀頭が包皮で包まれていて露出しづらい状態やまったく露出しない状態の事を言いますが、主な類型としては仮性包茎、カントン包茎、真性包茎の3種類が挙げられます。

その中で日本人に比較的多く、普段亀頭が包皮で隠れている「仮性包茎」と反対にまったく亀頭が包皮から出せない状態の「真性包茎」について説明します。成人になると身体の他の部位と同じく生殖器も成長しない為に専門医の治療を受けないと治らないといわれる包茎で悩んでいる方は実は多くいます。